読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やすねえ♥アテンダーのTHINKブログ

私たち人間の[THINK=思考・考え][EMOTION=感情・情動]の仕組み・原因について、また 私たちの実生活や生き方・個人や人生への影響について、あらゆる角度からの観点で書いていきます。よろしくお願いします。

THINK=思考*思い*考え について(4)

           

          やすねえ♥アテンダーのTHINKブログへようこそ!!

 

     f:id:yasuneeattender:20170321165911j:plain

        4Cアテンダー ♥ 心で生きる♥ Life Style案内人

     ♥無意識を意識化して♥心路を開拓する♥人間の無限の可能性開拓者♥

         やすねえ♥アテンダー こと 小林安子です

 

 

            [THINK=思考・思い・考え]について

           更に更に更に 深めていきたいと思います。


             

                                   

     「THINK=思考*思い*考え について(3)」のつづきになります。

           

yasuneeattender.hatenablog.com

THINK=思考*思い*考え について(1)
THINK=思考*思い*考え について(2) 

 

 

        「THINK=思考*思い*考え について(3)」では

 ●私たち人間の本来の「考えの出発」は、 疑問・質問(Q)の発見

        その疑問・質問は 大きく分けると2パターンある

 ●私たち人間の本来の「考えの方向性」追求する目的(FOR)は、 答え(A)探し

        であることを共有しました 

 

 


    【私たち人間の本来の「考えの出発」 2パターンの疑問・質問】

    ①人間は 何なのか?自分は何なのか?(WHAT)
     なぜ、どのように生まれたり死んだりするのか?(WHY)

    ②人間が認識する宇宙が何なのか?(WHAT)
     どんな素材(仕組み・原因)で、存在が成り立っているのか?(BY)

 

 

問題は、私たち人間は、無意識・無自覚・無知によって、

本来の「考えの方向性」に到達しない(目的が達成されない)方法論や領域の中で、

たくさんのエネルギー(労力)を注ぎ続けてきて、病気になったり、方向性を見失ったりしている限界(問題・課題)のある現在地であることや、それには考えのパターンが起因していることがあります。

 

その領域とは、

人間の脳機能を使っても つかめない領域のことで、

 

到達できない方法論とは、

その外にある答えを、脳機能を使ったまま、その中で追求してもつかめず、いくら追求しても解るはずがありません。

人間の脳の機能ではつかむことのできない微細な領域ですから、人間の脳の認識作用でつかめる範囲を基準に考えても到底無理な方法論であるということです。

   

     

                     このイメージを明確に理解するために

                   必要なことは何でしょう?

 

の最初のステップは、

  考えのパターンをつかめるようになることです。

つまり、無意識の考えのパターンを意識化することです。

 

これは、かなり重要です。このイメージと方法論については、

1対1で、質問に答えながら意識化していくパーソナルセッションという形式でできます。施術ができる人は、潜在意識と無意識の仕組み(構造)が明確に観えて、案内できる潜在意識・無意識のマスターがパーソナルセッションという形式で、施術できます。施術する人をセッション士と呼びます。

 

エネルギー手術、エンジン手術と呼ばれているように、根本原因からの変化をしていくレベルに到達するためには、施術を受ける人(クライアント)自身も、大前提の無意識や潜在意識の仕組みが解るようになる必要性があります。

その内容を理解するためには、最短で3日間かかります。その3日間の中で、人間共通で理解を阻みやすい考えのパターンを理解しながら(理解を阻む絡まっている原因を解いて解消しながら)、無意識・潜在意識の仕組み(構造)の内容の理解をしていきます。

3日間では、東洋思想と西洋思想の主だった観点を素材として用いて統合しながら、無意識・潜在意識(心理学的整理・脳科学的整理)から、集合無意識・阿頼耶識・魂・霊魂・スピリチュアル(認識論的整理)科学・物理学(存在論的整理)から、これらの相対世界(錯覚)の概念の外の絶対世界(真実・真理)に到達します。

絶対世界の理解については、誰もが一生かけても到達することが難しかったことですが、歴史上類を見ない、伝達・共有することに成功した斬新な方法論を用いて共有できるようになりました。それは、私たち人間の左脳と右脳(言語野とイメージ野)両方で理解して納得できるように、絶対世界を認識できるイメージの道具を用いて、論理とイメージで共有できるように、21年かけて開発してきたセミナーでたった3日間で、私たちが理解できる時代になりました。

今までの東洋思想や西洋思想の追求があって、やっと誰もが理解して使える時代が来たんですね。フィーリング的なワンネス体験をされたことがある方も大勢いらっしゃるかと思いますが、フィーリング・感覚というものを、そのまま伝達・共有することが私たち人間にとっては機能的に大変難しいことなのです。それは、どうしても抽象的になってしまい、脳の認識レベルで確認しながら共有できるレベルが、言語とイメージレベルなので、私たち人間の共通理解としては、今の私たち人間の脳の認識レベルではそういった現在地です。

 

既存の認識論・存在論の枠組みの外に出る、その外から観るということは、客観的に中が見えやすいポジションです。「井の中の蛙」という言葉がありますが、外に出るから仕組み(構造)でみれるのです。

そして、それがとても美しくシンプルな道具のため、わかりやすく使いやすいのです。

人間共通の無意識・潜在意識の仕組み(構造)を理解するためには、セミナーでたった3日間でお伝えすることができて、個人それぞれの背景の違いでできる個人の考えのパターンは、パーソナルセッションで気づき、意識化して、心理学的整理・脳科学的整理・認識論的整理・存在論的整理、新認識論・新存在論的整理で相対世界から絶対世界まで解いて、全体的に統合してシンプル化して、習慣化して使えるようにコンサルをすることもできるのでパーソナライズ化できます。

 

コンサルでは、段階的にパーソナルセッションを受けていくことと、その整理方式の観点を使ってアウトプットを何度も繰り返しおこなっていくうちに、やがて仕組み(構造)の明確な理解が伴い、クライアント本人も自分自身をアテンド(ガイド・案内)できるように習慣化することができるようになります。

 

個人の考えのパターンをつかみ、無意識・潜在意識と集合無意識・魂・阿頼耶識の全体を無意識を意識化して統合することで、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのか次回お伝えしていきますね!!

 

お楽しみに!!